探偵

女房の浮気相談・慰謝料証拠集めおすすめ探偵

 

 

 

 

 

 

 

 

興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。
証拠がなければ調査料金の請求もなくて、ラッキーと思うでしょうが、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、普通より調査に時間がかかりそうな場合はお断りというパターンもあるようです。
それに、浮気の裏付けがとれたときに高額な請求が来ることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。
不倫調査を頼みたいと思っても、「ここがいい」なんてアテがないのが一般的なのではないでしょうか。

 

 

 

探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、認可を受ける必要があります。
認可後は業者(営業所)ごとに番号が交付されるため、届出をした正規事業者であるかは届出番号を取得しているかどうかでもわかります。つまり、業者のウェブサイトに許認可番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。

 

探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。

 

 

調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、気付かれるような可能性はほとんどないと思っていいでしょう。

 

また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、振る舞いが微妙に不自然になってしまって、相手が勘付くというケースもないわけではありません。調査完了日までは少なくとも、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。

 

浮気調査なんていちいちしなくてもと思われるかもしれません。ただ、浮気というのは意外とあるもので、女性の気配のないような会社でも放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。

 

 

普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。

 

 

 

疑わしい様子なら、浮気調査を探偵にしてもらえば、早くに不安感を解消できますし、メンタル面でもプラスになると思います。離婚すると、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。
道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。子供の親権というものは、裁判では子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、子供を育てることに協力的だったかどうかなどを考慮します。

 

 

調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかを重視して判定するのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラサーの会社員です。

 

 

 

妻はひとつ年下で専業主婦をしています。

 

情けない話ですが、先週、同僚の男との浮気が判明。

 

しかし、妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。

 

 

修復の見込みがあるのでしょうか。妻から傷つけられるとは思いませんでした。謝罪がなければ、こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。

 

 

探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、非常に重要な問題だと思います。

 

業者にもよりますが、近頃は相談や見積りを無料で行うところも増えていて、見積もりなしに契約することはないので安心です。もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、いきなり向こうの会社に行くのではなく、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで会ってもらえば話もしやすいでしょう。

 

 

 

違法な勧誘を未然に防ぐことができます。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。

 

 

 

しかし、不貞行為の調査などで成果をあげるには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。

 

 

 

社員教育の徹底した会社を選ばないと、実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるそうですし、気をつけなければなりません。価格に見合った技能を持った探偵に調査に入ってもらうことこそ、結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。浮気と不倫。違いがあるのをご存知ですか。

 

 

 

厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに体の関係を持つことを指します。

 

こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに慰謝料の支払いを求めることができます。相手が油断している間がチャンスです。

 

 

探偵業者に依頼して、配偶者の浮気の証拠をおさえ、賠償請求を相手に突き付けることにより不倫関係を一気に解消させるような利用法も少なくないです。
ダンナの不倫や隠し子などの探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、時々見かけます。

 

 

話に出てくる探偵というのは単純で、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に尾行し、写真などの証拠を得るのは、初心者には到底無理です。

 

 

 

調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、プロに任せるのが一番安心です。

 

 

通常の金銭感覚からすれば、不倫調査で探偵を利用するコストは高いように感じることがほとんどでしょう。

 

 

 

そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、お金の無駄どころではありません。
最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、難しいところです。まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。でも、そう難しく感じることもないのではないでしょうか。

 

離婚云々はさておき、その証拠を握っておいたほうが不利にはならないですからね。

 

あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、その道のプロ(探偵)に相談するのが最もストレスの少ない方法だと思います。探偵調査を依頼されても、証拠を用意できないことがあります。
たとえば、浮気の素行調査等で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

 

 

 

ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、満足な結果が出せないときもあるわけで、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を先に調べておくことはとても大事なことです。

 

そして面倒がらずに探偵にじっくり相談することが結果を左右するのはいうまでもありません。

 

いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、相手にバレたりしないか心配になりますよね。探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、察知されることはまずないといって良いでしょう。
とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、気付かれてしまったという事例もあります。
調査完了日までは少なくとも、普段と変わらないようにしてください。職場内で不倫が発覚しても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり仕事を辞めさせることは無理でしょう。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といったものに相当すれば懲戒もありえますが、せいぜい上司から注意される程度で、それ以上の処分にはならずに曖昧に済まされることが多いです。
興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを明確にしておくのが非常に大事です。

 

別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかを区別して、伝えておく必要があります。依頼の内容次第では調査期間や手法が異なるので、あらかじめ明確にしておきましょう。
探偵業といえど競争があるのは事実で、格安価格を売り物にしたり、ポッキリ価格で請け負う業者がよく見かけるようになりました。ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合も多いので、調査を依頼する前に、疑問点について説明してもらい、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう注意しましょう。

 

 

不倫調査で探偵を頼む場合、個人情報をできるかぎり知られたくないというのは人として正しい反応だと思います。
依頼に先立っての相談段階では詳細な個人情報は不要という会社も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。その後、調査を依頼するには契約書を交わすことになりますから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは受容していただくことになります。浮気の気配を感じたら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、料金の発生しない無料相談を活用するというのもありだと思います。浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、いきなり知らない相手に極めてプライベートな調査を依頼するのは、いささか心配でしょう。

 

 

 

リスク軽減のために、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。

 

浮気していたことがわかり、離婚調停や裁判ということになれば、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。

 

 

 

よくあるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。

 

近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりを証拠採用するケースが増えました。
浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、単調な結婚生活が嫌だったという自己中心的な感情です。

 

恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が不倫という一線を超えさせてしまうわけです。
そんなことにならないよう、お互いの話に耳を傾け、我慢したり苦しいと感じていることは何かを話してみて、認識するのも大事なのではないでしょうか。浮気調査などで探偵社に依頼する前に一般的な調査費用の相場というものを知らないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。

 

なにせ、2時間で2万円台あたりを考えておくと妥当だと思います。

 

 

行動調査の時間を増やせば、支払い額に確実に影響してきますから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。探偵社の調査代金の支払いについていうと、名のしれた大手探偵社等ではクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割OKという業者もあります。不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、一括で払うのは難しいというときは、分割OKの事業者を探して依頼すると機会を逃さなくて良いですね。不倫をやめた原因として最も多く、説得力があるのが、パートナーにバレたからというものです。そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことはそう簡単なことではありません。結局のところ、その道のプロである探偵に浮気調査を任せることにすれば、安全かつ堅実でしょう。とはいえ、不倫の気配に気付くまではあくまでも自分自身でやらなければいけないのです。探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気を止めることができたとしても、再び浮気する人は一定数いるようです。連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、携帯にロックをかけるようになったりして、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。そもそも前の浮気時の対応が寛大すぎたことが考えられますから、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。
探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

 

 

 

答えはノー。この二者にははっきりとした法制度上の違いがありますから、ご注意ください。何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法に定められている通り公安委員会に開業開始届出書類を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。管轄官庁による管理が必要なほど高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。
いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。
まずは大手や中小にこだわらず、地域を意識して、ネットで調べてみれば一目瞭然です。いくつか選んだところで相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、話してみることをお勧めします。

 

 

いくら悩んだところで実際に話してみなければ、信頼できる探偵社かどうかわからないですからね。不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても苦戦を強いられるでしょう。パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される場合もあるのです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのは本意ではないはず。

 

 

 

だからこそ、しっかり調査するほうがいいでしょう。
たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。
安易に一社に絞り込まず、最低でも二社以上に見積りしてもらう方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。

 

また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。
不倫行為があった場合、代償として慰謝料を求める権利があります。といっても簡単なことではありません。当事者だけで話しあえば、権利争いや感情面での言い合いになって、話がややこしくなりがちです。
時には裁判を起こさなければいけない場合もあるため、そうなる前に弁護士にお願いして、無難なところでまとめあげてもらうとよいでしょう。

 

 

 

別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思われるかもしれません。でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、女っ気のない職場環境だろうと用心すべきです。

 

出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。

 

不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。
一般に知られている通り、同窓会での再会は、不倫に走るきっかけになるケースが多いことが知られています。
憧れの人と話がはずんでしまったり、同じ学校で席を並べていたという気易さから性別の垣根が取り払われるのでその時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。そういった再会を機にパートナーの挙動に不審を感じたら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって別途、代金を請求されるというケースがあるようです。

 

驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。

 

 

追加料金について記載されています。このことからも、契約書をよく確認しておかなければいけません。

 

 

 

よくわからないことがあれば、依頼前に質問して、解消しておくのも怠らないようにしましょう。

 

男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。
しかし、女性も浮気しますよね。

 

 

女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、出会いのチャンスはたくさんありますし、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。近頃は女性の浮気も増えてきていて、不倫調査で探偵社を訪れる男性はあとを絶ちません。

 

 

探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。

 

 

業者の場所や連絡先等は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。

 

 

専属スタッフに相談すると、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ見積りが出てきます。無料で見積ってくれるところもありますし、価格と調査内容を照らしあわせて考えてみると良いでしょう。あとから内容の変更も可能です。